ますます高まる保育園看護師のニーズ、人気の秘密【人気急上昇!保育園看護師のお仕事】

保育園看護師の現状とニーズ

■保育園看護師ってなに?

保育園看護師の主なお仕事は園児の健康管理。子ども達が元気に成長していけるように看護師の立場からアドバイスを行います。体調を崩した子どもへの迅速な対応が必要になってくるので、日ごろから子ども達を注意深く観察することが大切です。
急な病気や怪我をした時だけでなく、身体の弱い子やアレルギーのある子もいるので、看護師が在籍することで、お母さんは安心して子どもを預けられます。また、一緒に働く保育士さんにとっても頼れる存在なので、今まで培ってきた看護スキルを十分に活かす事ができるでしょう。

■保育園看護師ってニーズあるの?

2013年までに私立保育園での看護師常駐が義務付けられた事により、保育園看護師のニーズは高まっています。
公立保育園にもどんどん浸透していっており、看護師さんが活躍できる場所はますます広がっています。また、預けるご家族にとっても、子どもの通う保育園に看護師さんがいる事は安心できる大きなポイントになるので、保育所側も看護師の常駐に力を入れているのです。さらに、働きながら子育てをする方も増える事が予想されるなど、ニーズが確実に高まっていくので、今後保育園看護師として活躍する人は増えて行くでしょう。

■保育園看護師の魅力ベスト3!

第1位 プライベートを大切にしながら働ける
第2位 子どもを相手にして楽しく働ける
第3位 コミュニケーションを大切にした看護が実践できる

保育園看護師は、ほとんどが日勤のみで働けるので、ママさん看護師や生活リズムを崩さずに働きたい方でも無理なく活躍できるのが魅力のひとつ。原則として土日が休みなので、プライベートを充実させることができます。また、病院のような慌しさがないので、病院勤務に疲れてしまった方にも人気が高いです。病気の方のケアではなく子ども達と接するお仕事なので、穏やかな気持ちで働くことができますよ。子ども達の成長を近くで見守ることができるので、やりがいを感じながら働けるので、「一度働いたら辞められない!」という看護師さんが多くいらっしゃいます。さらに、一人ひとりの子どもにじっくり関わる事ができるので、コミュニケーションを大切にしながら楽しく働くことができますよ。

今まで培ってきた看護スキルを新たなステージで発揮できる「保育園看護師」。
可愛い子ども達の笑顔に囲まれた職場で活躍できる、魅力いっぱいのお仕事です。