ピアノが弾けなくても保育園で働ける?【人気急上昇!保育園看護師のお仕事】

ピアノのスキル

■ピアノが弾けないとダメ?

保育園では、入園している子どもたちと一緒に、保育士さんが手遊び歌などを歌うことがあります。また、保護者らが参加するお遊戯会などの催しもあります。
その際には、ピアノの演奏が必要になりますが、保育園看護師が弾くわけではありません。保育士さんとして働くのであれば、ピアノのスキルを必要としている保育園は多くあります。しかし、看護師のお仕事は、あくまで子どもたちの体調管理がメーン。保育園看護師に、ピアノのスキルを求める保育園はほとんどなく、ピアノが弾けない方でも何の問題もなく働くことができます。
ただし、ピアノが弾ければ、保育士さんをサポートする領域が増えます。保育園側も助かるため、採用の際に有利になることが多いので、履歴書を書く際や面接に臨んだ際には積極的にアピールする事をおすすめします。

■よく歌われる曲

保育園では、子どもたちと一緒に歌を歌ったり手遊びをすることががよくあります。看護業務だけでなく保育業務も一緒に行う保育園看護師。保育園で働く前に、よく使われている歌を覚えておくと子どもたちとのコミュニケーションに役立ち、保育士さんや園長先生にも安心してもらえると思います。それでは、保育園で実際によく歌われている歌を挙げてみましょう。皆さんも歌ったことがあったり、耳にした事がある曲もあるのではないでしょうか?

♪「おはようのうた」「おかえりのうた」「おべんとうのうた」
朝の挨拶や家に帰る前など、何か行動を移す前に歌われている曲です。歌っている保育園も多いので覚えておくと大変便利でしょう。

♪「むすんでひらいて」「とんとんとんとん ひげじいいさん」「こぶたぬきつねねこ」
誰もが一度は耳にしたことがある曲ではないでしょうか?手遊びをつけながら楽しく歌える子ども達が大好きな曲です。

♪「たんぽぽわたげ」「こいのぼり」「まめまき」「雨ふりくまのこ」
季節に合わせて歌われている曲です。季節毎にたくさんの曲があるので、働きながら楽しく覚えていきましょう。

インターネットで検索すると子どもたちが実際歌っている映像が載っていたり、保育園でよく歌われている曲が収録されたCDが販売されているので、参考にしてみるのもいいと思います。