保育園看護師について詳しくなれる【人気急上昇!保育園看護師のお仕事】

保育園看護師とは


子ども達の健やかな健康をサポートする「保育園看護師」
可愛い子ども達に囲まれて楽しくお仕事ができるイメージですが、実際にはどのようなお仕事をしているでしょうか。
また、「どのような保育園で看護師が活躍していているの?」「どんな事を悩んで働いているのか?」など保育園看護師に関する疑問を解決していきましょう♪


保育園看護師とはの一覧

保育園看護師の現状とニーズ

子どもが急な病気や怪我をした時や、身体の弱い子どもやアレルギーのある子どもにしっかり対応できるように配置されている「保育園看護師」 2013年までに私立保育園での看護師常駐が義務付けられたこともあり、ますます保育園看護師のニーズは高まっています。公立保育園でも看護師を常駐する動きが進められている事や、働きながら子育てをする方や待機児童が増えた事による保育園自体の増加も考えられます。そのため、今後保育園看護師として活躍する人はどんどん増えていくでしょう。ここでは保育園看護師の現状を詳しく紹介しています。

保育園看護師の仕事内容

「保育園看護師」はそもそもどんなお仕事をするのでしょうか?
保育園看護師の主なお仕事は、子どもの健康管理。子どもが健やかに成長していけるように、看護師目線でサポートをしていきます。特に感染症がはやっている時期には注意が必要で、予防・拡大防止にしっかり取り組みます。また、保護者や保育士へに対して、こどもの健康管理の指導を行ったりする事も。さらに、保育園で働く看護師さんは、看護業務だけでなく保育業務も並行して行います。一緒にお歌を歌ったり、お外で遊んだり寝かしつけたりする事も大切なお仕事なのです。ここでは、実際にどのようなお仕事をしているのかを詳しく紹介しています。

保育園看護師の悩み

どんなお仕事をしていても悩みはあります。保育園で働く看護師は、どんな悩みを抱えながら働いているのでしょう?
女性スタッフが多い保育園の職場。保育士との人間関係や、給与体系など、不安に感じている方も多いと思います。
ここでは、保育園看護師によくある悩みを「仕事内容での悩み」「人間関係での悩み」「給料面での悩み」の3つに分けて紹介しています。

保育園看護師の配置基準

「全ての保育園に看護師はいるの?」「そもそも、保育園に看護師は必要なの?」そう疑問に感じられている方も多いのではないでしょうか?保育園看護師の配置基準は「公立保育園」か「私立保育園」によって大きく異なります。私立保育園では2013年までに看護師の常駐が義務づけられていますが、公立保育園では自治体の努力に任せられています。そのため、予算の都合などで看護師の常駐が難しいところも少なくありません。しかし、大切なお子さんを預ける保護者の方にとって看護師さんは安心できる存在で、子どもが健康に成長していくのにとても大切な役割を果たします。ここでは、保育園の看護師さんが求められる理由や、配置基準を詳しく紹介しています。