これだけは必要!看護師さんが身に付けておくべきスキル【人気急上昇!保育園看護師のお仕事】

保育園看護師に必要なこと


保育園で看護師として働くには、どんなことが必要になってくるのでしょうか?
安心して保育園で働けるように、不安に思っていることは解決しておきましょう。
ここでは、保育園看護師に必要なスキルを「子どもの知識」・「ピアノのスキル」・「アイディア・テクニック」の3つに分けて紹介しています。


保育園看護師に必要なことの一覧

保育士レベルの子どもの知識

保育園では病院などで行う医療行為を行いません。その分、子ども達の成長にじっくり寄り添い、健康に過ごせるようにサポートを行っていきます。保育園に通ってくる子ども達は、基本元気な子ども達です。ですが、体調を崩しやすかったりアレルギーがあったり、元気が良すぎて怪我をよくする子どもがいたりと、様々な子ども達がいます。保護者の方や保育士さんにとって看護師さんというのは、病気のことなら何でも知っている頼れる存在です。病気の事だけでなく、成長過程における心身の悩みや予防接種の時期など多くの事を相談・質問されます。その時にしっかり答えられるように、幅広い知識を身に付け、常に勉強をしておく事が大切です。ここでは、看護師に求められる「子どもの知識」を紹介しています。

ピアノのスキル

「保育園で働くにはピアノのスキルが必要?」という声をよく耳にします。保育士さんとして勤務するのであれば、ピアノのスキルを必要とされる事はあります。ですが、保育園看護師さんにピアノのスキルを求める所はほとんどありません。ただ、ピアノが弾けるのであれば保育士さんをサポートできる領域が広がるので、履歴書や面接の時にアピールしてみても良いでしょう。また、歌や手遊びお遊戯会などでよく使われる曲を事前に覚えておく事は、子ども達とのコミュニケーションに役立つのでおすすめです。ここでは、保育園でよく歌われている曲を紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

アイディアとテクニック

急な病気や怪我の対応だけでなく、病気や怪我を事前に防げるように健康指導をしていく事も保育園看護師さんの大切な役割です。子どもや保護者に対してだけでなく、保育士さんへも子どもに適切な対応ができるように指導を行う必要があります。
興味を示さないと全く聞く耳をもってくれない子ども達への指導にはテクニックが必要になります。子どもとしっかりコミュニケーションを取りながら意欲を引き出すにはどうしたら良いのでしょうか?また、保育園看護師さんが作成する「保育便り」には、どんな事を書けば良いのかをまとめています。